私は夢をもっています。

再び国政へのチャレンジを決意したのも

この夢を実現したいから。

詳細は【岡本英子の提案】、【岡本英子の政策】をご覧ください。